cover image of Sequel to Sequel to Osaka Theory

Sequel to Sequel to Osaka Theory

Osaka Theory

by Kazuhiro Ohnishi

ebook

Sign up to save your library

With an OverDrive account, you can save your favorite libraries for at-a-glance information about availability. Find out more about OverDrive accounts.

   Not today

大阪の地は,奈良盆地を拠点とする大和朝廷が全国にその勢力を拡大した頃より,近畿と四国や九州,更には中国大陸や朝鮮半島を結ぶ古代日本の玄関口として栄え始め,5世紀には仁徳天皇が高津宮(現在の大阪市中央区)に都を移したとされるなど8世紀末まで我が国の首都あるいは副都として栄え,その後,多少の浮沈はあるものの現在まで我が国の交通や経済の要所となっており,現在でも我が国有数の大都市であることは周知の事実です。そこで,本書の第2章では,古代日本の時代から現在まで,大阪の地が日本屈指の都市であり続ける理由を挙げています。

本書の少し前に書いた,『大阪理論』及び『東京理論』では,東京の良いところは多数書き連ねているけれども,大阪の良いところについてはあまり書いていません。そこで,第3章では,大阪の良いところを挙げています。

Publication Details

Publisher:
Kazuhiro Ohnishi
Publication Date:
2013
Series:
Osaka Theory

Format

  • OverDrive Read 126.4 KB
  • Adobe EPUB eBook 5.1 MB
Sequel to Sequel to Osaka Theory
Copy and paste the code into your website.
New here? Learn how to read digital books for free